美顔ローラー

「コロコロ」の愛称で人気の美顔ローラー

「いつでも使えて気軽!」「小顔になれそう!」と人気の美顔ローラー(ローラー美顔器)

 

美顔ローラー 売場

 

確かに美顔ローラーはテレビを見ながらでも使えますし、「たるみやシワを改善するリフトアップ効果」や「肌環境を整えシミやくすみを改善する効果」などが期待できます!

 

しかし、手軽だからといって適当な使い方をしていると、シミや肌荒れなどを招いてしまう可能性もあるんです…!

 

今回は、美顔ローラーがたるみや美肌に効果的な理由と、逆効果にならないための正しい使い方についてお伝えします!

 

 

美顔ローラー(ローラー美顔器)とは

「なんとなく小顔になれそう」というイメージはあっても、美顔ローラー(ローラー美顔器)について詳しくは知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

まずは、美顔ローラーの基本的な効果や種類について確認していきましょう。

 

 

たるみやシワを解消し、小顔&美肌に!

 

顔の脂肪や筋肉は皮膚にくっついているため、美顔ローラーを使って肌の上から刺激することで、たるみやシワなどを解消し、小顔に繋がると言われています。

 

また、美顔ローラーを長期的に使い続けることで肌が土台から整っていくため、最終的にはシミやくすみのない美しい肌へと導いてくれる効果も期待できるのです。

 

 

 

美顔ローラーの形や素材にも種類がある

 

美顔ローラーには、主に3種類の形状があります。

 

スティック型 Y型 Yボール型

スティック型ローラー

I型などとも呼ばれる。

 

シンプルな棒状なので、目元など細かい部分にも使用しやすい

Y型ローラー

ハンドル部分の先がY字に分かれていて、肌全体にフィットしやすい。

 

皮膚をつまむ力が強くないため、初心者にもおすすめ

Yボール型ローラー

ハンドルの先がY字に分かれ、さらに凹凸のあるボール型になっている。

 

ボールがしっかりと皮膚をつまんだり、揉み出しだりするため、引き締め効果が高い

 

また形だけでなく、素材もゲルマニウムやプラチナ、チタンなど様々な種類があります。

 

ご自身の肌質なども加味して選びましょう。

 

 

顔だけじゃなく体にも使える!

 

Y型やYボール型の美顔ローラーは、顔だけでなく体にも使える場合があります

 

美顔ローラー 体

 

手足のむくみやだるさが気になる方などは、顔とボディに兼用できるタイプの物を選びましょう。

 

どうして美顔ローラー(ローラー美顔器)でたるみや肌トラブルを解消できるの?

「たるみを解消する」「肌に良い」という声を聞くことも多い美顔ローラー(ローラー美顔器)ですが、なぜローラーを転がすことで美容効果を得られるのでしょうか?

 

ここからは、その理由を具体的に確認していきましょう。

 

 

皮膚や筋肉をマッサージすることで、たるみやシワが引き締まる

 

顔の筋肉である「表情筋」は皮膚や皮下脂肪とくっついているため、この筋肉が衰えたり脂肪が増えたりすると、皮膚ごと重力に負けてたるみやシワなどを引き起こします

 

そのため、たるみやシワを防ぐには表情筋を鍛えたり脂肪を減らしたりすることが重要なのですが、その方法のひとつとして、「美顔ローラーによる刺激」が効果的だと言われているのです。

 

美顔ローラー 顔

 

美顔ローラーを使用すると顔がリフトアップされて、すぐに小顔になったように思えますが、これは一時的な効果のためしばらくすると元に戻ってしまいます。

 

表情筋や肌を引き締めるためには、やはりある程度長期的に美顔ローラーを使用する必要があるでしょう。

 

 

リンパの流れや血行を促進して老廃物を流す

 

美顔ローラーのもうひとつの特徴として、「リンパや血行の流れを促進して、老廃物を排出する」というものがあります。

 

リンパとは、皮膚の下に張り巡らされている「リンパ管」や、その中を流れている「リンパ液」という体液などの総称。

 

リンパ

 

リンパは普段、老廃物を回収したり代謝を促したりといった重要な働きをしているのですが、このリンパの流れが滞ってしまうと、むくみ、くすみ、シミ、たるみといった様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

 

しかし美顔ローラーを使ったマッサージを続けることで、リンパや血の巡りはだんだんと良くなっていくと言われています。

 

その結果、老廃物が排出されて肌がスムーズに生まれ変わり、透明感やハリを取り戻す効果が期待できるのです。

 

機種によってはマイクロカレント(微弱電流)が発生

 

美顔ローラーは、製品によってはローラー部分から「マイクロカレント」と呼ばれる微弱電流を発生させます。

 

マイクロカレント

 

人の細胞は、怪我などを負ったときに電流を発してそれを治そうとするのですが、「マイクロカレント」は、そうした「人の細胞に近い電流」を人工的に作り出したもの

 

人体に働きかけ、美容効果を高めると期待されています。

 

 

ゲルマニウムなど、美顔ローラーの素材にもこだわろう!

 

美顔ローラーの素材には様々な種類があるとお伝えしましたが、その素材によっても、得られる美容効果は異なると言われています。

 

例えば、ゲルマニウム製の美顔ローラーはマイナスイオンを発生させるため、肌のイオンバランスを調整し、ターンオーバーを正常にする働きが期待できます。

 

ゲルマニウムローラー

 

またプラチナ製の美顔ローラーには、一般的に肌の酸化を防止するアンチエイジング効果があると言われています。

 

肌との相性もありますが、せっかく美顔ローラーを購入するなら素材にこだわってみるのも良いですね。

 

むやみにコロコロするのは逆効果!?美顔ローラー(ローラー美顔器)の正しい使い方と注意点

テレビを見ながらや家族と話しながらなど、なにかのついでにコロコロできる気軽さが魅力の美顔ローラー(ローラー美顔器)。

 

その気軽さも手伝って、「やればやるほど小顔になれそう!」と長時間美顔ローラーをコロコロしたり、あまり意識せず適当なやり方で使用したりしていませんか?

 

実は、美顔ローラーは使い方を間違えると肌の状態を悪化させ、「かえって老けた印象を招いてしまう」可能性もあるんです…!

 

ここからは、美顔ローラーの正しい使い方についてお伝えしていきます。

 

 

長時間使ったり、力を入れすぎるのはNG

 

ついつい長時間使用したくなってしまう美顔ローラーですが、実は長時間にわたって使用したり、1日に何度も使用したりするのはおすすめできません(製品の説明書を必ず確認しましょう)。

 

美顔ローラーは肌や筋肉に刺激を与えリフトアップしたり、リンパの流れを促進したりするのに効果的ですが、その分、やりすぎるとローラーの摩擦によって肌がダメージを受けることになります。

 

摩擦によって肌が傷付きキメが乱れると見た目にも分かりますし、傷んだ角質から水分が逃げ出し、乾燥肌に繋がることも…。

 

肌荒れ

 

また、人の皮膚は強い刺激を受けると「メラノサイト」という細胞の働きが活発になるのですが、実はこの細胞は、シミの原因となる「メラニン」を作り出す厄介者。

 

美顔ローラーによって起こる摩擦は、シミの原因にもなりかねないのです。

 

美顔ローラーの使用時間は、製品にもよりますが、1部分につき5分までを目安にするのが良いでしょう。

 

また、痛みや違和感を覚えるほど強く擦るのは絶対にやめてください。

 

 

ローラーは決まった方向に転がし、往復させない

 

美顔ローラーをコロコロと転がすとき、なにも考えずにローラーを往復させていませんか?

 

ローラーを同じ力加減で往復させると、せっかくリフトアップした肌をまた下げてしまうことに繋がります

 

肌 下がる

 

美顔ローラーは、基本的には顔の下から上、もしくは中心から外側へと転がすのが効果的だと言われています。

 

例えば、フェイスラインから耳や目の下などに向かって頬を引き上げるようなイメージで使用したり、鼻の横や目の下など、顔の中心から外側に向かって使用したりするのが良いでしょう。

 

 

美顔ローラーを使用する際は保湿を忘れずに

 

先ほどお伝えしたとおり、美顔ローラーによる摩擦は乾燥やキメの乱れ、シミなどを引き起こす可能性があります。

 

肌とローラーとの摩擦を和らげるために、美顔ローラーを使用する際は乳液やオイルなどで肌をしっかりと保湿・保護してください

 

 

美顔ローラーを清潔に保つ

 

お部屋でリラックスしているときに美顔ローラーを使っているという人は多いかもしれません。

 

しかし、テーブルの上や床に置きっぱなしにしているその美顔ローラー、きちんと定期的にお手入れしているでしょうか?

 

美顔ローラー 机

 

肌の上を直接滑らせる美顔ローラーには皮脂が付着するため、それを放置しているとどうしても雑菌などが繁殖しやすくなります

 

雑菌の付着した美顔ローラーは肌荒れの原因となりますので、定期的に拭き取りなどを行って清潔に保ちましょう。

 

 

入浴中や入浴後に使用するとより効果的!

 

美顔ローラーを使用するタイミングは、血行が良くなっている入浴中や入浴後が、より美容効果を高めてくれるのでおすすめです。

 

浴室

 

入浴中・入浴後は蒸気やスキンケアによって肌が潤っていますので、摩擦による肌ダメージの心配も少なくなります。

 

お風呂場で使用する場合は、必ず防水加工がされている美顔ローラーを選びましょう

 

使用前に、美顔ローラーもお湯で温めておくとさらに効果的です。

 

入浴中や入浴後に美顔ローラーを使うことができないという人は、ホットタオルを顔に当ててから使用するだけでも美顔ローラーの効果を高めることができると言われています。

 

おすすめ美顔ローラー(ローラー美顔器)ランキング

ここからは、様々な美容効果が期待できる「おすすめの美顔ローラー(ローラー美顔器)」をご紹介します。

 

製品によって様々な特徴がありますので、しっかりチェックしてお気に入りの美顔ローラーを手に入れましょう!

 

美顔ローラー1位

リファカラット

美顔ローラー(ローラー美顔器)の中でも特に知名度が高いと言われているのが、この「リファ(ReFa)」シリーズではないでしょうか。

 

アットコスメの「ベストコスメアワード」や、「グッドデザイン賞」なども受賞しています。

 

Yボール型の「リファカラット」シリーズは、ボールの凹凸がまるでエステティシャンの指先のように皮膚をしっかりとつまんで流し、引き締まった肌へと導いてくれます。

 

さらにハンドル部分には、ソーラーパネルを搭載。

 

充電いらずで、微弱電流である「マイクロカレント」を発生させることができます。

 

「リファカラット」シリーズだけでも多くの種類がありますし、スティック型やY型の「リファオーラ」シリーズもありますので、お好きな形の美顔ローラーをじっくりと探してみましょう。

MTG「リファ(ReFa)」 公式サイトMTG「リファ(ReFa)」 商品詳細

美顔ローラー2位

ヤーマン トルネードRFローラー

ヤーマンの「トルネードRFローラーEX」は、「ラジオ波」で肌の水分を振動させて、「温めながらマッサージ」することができる唯一の美顔ローラー

 

肌を角質層まで温めることで、より高い美容効果が期待できます。

 

さらにラジオ波だけでなく、「トルネードRFローラーEX」には低周波と中周波をミックスした「ダブル波EMS」を発生させる機能も搭載。

 

低周波と中周波の刺激がダブルで届くことで、より効率的に筋肉を鍛えることができます。

 

顔だけでなくボディにも使用できるため、足のむくみなどが気になる方にも最適。
充電式の製品ですがお風呂でも使用できるため、全身を温めた状態でしっかりと引き締めたいという方にはうってつけです。

ヤーマン「トルネードRFローラーEX」 公式サイト

美顔ローラー3位

LOUVREDO「ソフィル-e」

ウォールナット(くるみの木)からひとつひとつ丁寧に作られた、暖かみのあるデザインが特徴的な「ソフィル-e」

 

愛用している芸能人も多く、田中美里さんや辺見えみりさん、優木まおみさんなども雑誌で「ソフィル-e」を紹介しています。

 

ボディの先に付いた2つのボールには磁力があり、このボールが強い磁場を生み出しながら転がることで、しっかりと肌を引き上げながらマッサージしてくれます。

 

マイナスイオン効果や遠赤外線効果もあるため、肩こりやむくみ解消も期待できるのだとか。

 

また、2つのボールの逆側には小さなボールが1つ付いており、こちら側を使ってツボ押しなどのマッサージをすることもできます。

TIME LAB「ナノタイムHD」 公式サイト

美顔ローラー4位

美ルル「プラチナムミニ」

美顔ローラーは価格が2〜3万円代の物も多いですが、こちらの美ルル「プラチナムミニ」は約4千円と非常にリーズナブル。

 

「まずはお手頃な美顔ローラーを試してみたい」という方にもおすすめです。

 

手のひらサイズだから扱いやすく、目元や口元など細かい部分もしっかりケアすることができます。
サイズは小さめですが、Y字ボールの回転数は1分間につき約1800回。
しっかりと肌を揉み込み、老廃物を流してくれます。

 

またローラーの先端部分には、「ヘマタイト」というパワーストーンを配置。

 

ヘマタイトは赤血球を活発にし、全身に酸素を届けやすくすると言われています。

美ルル「プラチナムミニ」 公式サイト

 

いかがでしたか?

 

片手で気軽に使える美顔ローラーですが、しっかりと表情筋やリンパにアプローチして効果を出すためには、正しい使い方を意識する必要があります

 

しかし長期的に使えば、たるみの引き締めや老廃物の排出への効果はじゅうぶん期待できますし、美顔ローラーは「使い心地が良いから続けられる」という人も多いんです!

 

ぜひ皆さんも、ご自身に合った美顔ローラーを手に入れて小顔美人に近付きましょう!

 

 

 

美顔器おすすめランキング TOPに戻る